英語耳をマスターするためのポイント

「英語耳」という言葉

意味がよく分からなくてもなんとなく想像がつくのではないでしょうか?
何年も前に松澤喜好さんが「英語耳」というタイトルの書籍を何冊か出版されてから
英語学習者や教師の間で使われるようになりました。

 

「英語を自在にあやつれる耳」。獲得できたらすばらしいことですよね。
そんな英語耳をマスターする、つまりヒアリング力をアップさせるために注目すべき点がいくつかあります。

 

その中で、まず知っておいて欲しいことは、日本語を母国語として話している人にとって
英語には「なじみのない音」が混じっていることです。

 

具体的に説明しましょう。

日本語は、必ずアイウエオの「母音」、もしくは「子音+母音」の組み合わせでできています。
「傘」は「KASA」。子音の「K」と母音の「A」、子音の「S」と母音の「A」です。
「雨」はAMEですね。母音の「A」と「子音Mプラス母音E」の組み合わせ。
なので、こういった音を聞き取ったり発話するのは問題ありません。
ですが、英語には「子音だけ」という音が数多くあります。

 

例を挙げてみましょう。

「program」という単語。日本語では「プログラム」と発音します。
アルファベットで発音を表記すると、「puroguramu」となります。

 

ですが、英語では最初の「p」は「pu」ではありません。
あくまでも「p」の子音のみ。真ん中の「g」も「gu」ではなく「g」。最後の「m」も「mu」ではなく「m」です。
厳密に言えば、他の「ro」や「ra」の発音も異なりますが、この3つは日本語のように発音すると全く通じません。

 

子音の「p」「g」「m」の音が分からなければ、聞き取ることもできないでしょう。
実際にこの単語の発音を聞いてみると分かりますが、これらの音は日本語と比べて弱く聞こえます。
つまり、「日本語にはない音や規則性が英語にはある」ということを理解しておくことが必要なのです。

 

聞き取れないのは「才能がないから」ではありません。

もちろん個人差はありますが、練習していくうちに必ず聞き取れるようになります。
だから、ヒアリング練習の際にも、ただやみくもに聞き流すのではなく、日本語にない音を意識して練習しましょう

 

ちなみに自分が聞き取れない音をメモしていくと弱点が分かります。この子音でつまずいているケースが多いですよ。
英語耳をマスターするためには、まずはここに注意して勉強して下さいね。