英語のリスニング力を向上させるために必要なこと

「英語のリスニング力をつけたい!でも、なかなかうまくいかない」という声をよく耳にします。
「リスニングが得意な人は、きっと特別な才能があるに違いない」そう思っている人もいるかもしれません。

 

たしかに、中には「耳の良い」人もいます。そういった人の方がリスニングの上達が早いということもあります。
でも、ここではまず「普通の人がどんなことに気をつければ、リスニング力を効果的に伸ばしていけるか」
についてお話していきます。

 

リスニング力をつけるために大切なこと

それはなんと言っても、「続けること」です。
「英語学習をどれだけ継続できるか」地味ですが、それに尽きます。

 

こう聞いて、「それが無理なんだよ!」「続けられたら苦労しないよ」!と思う人も多いでしょう。
毎日の生活の中で、時間に追われたり、疲れたりして、英語学習に時間をなかなか割けないこともあるかと思います。

 

また、はじめのうちはやる気にあふれていたのに、次第に当初の気持ちはどこへやら。
「モチベーションが下がってしまって、どうでもよくなってしまう」なんてこともあるかもしれません。

 

そこで大切なのが、「英語学習を毎日の生活に組み込んでしまう」こと。

しかも、「できるだけ自然に」組み込むこと。
すると、まるで歯を磨いたり、顔を洗ったりするように苦もなく続けられるようになります。

 

リスニングは「聞く」作業です。何か他のことをしながらでも行えるのがメリット。
ライティングのように書いたりする作業もありません。習慣化するのはそれほど難しくはないはずです。

 

たとえば

あちこちで言われているので、すでに実行済みの人もいるかもしれませんが、通勤通学の電車や車の中で英語の音声を聞く。
家事をやりながらでももちろんできます。スキマ時間を見つけてすぐに聞く。
これだけで一日まとめるとかなりの時間になりませんか?

 

わざわざ机の前に座って「リスニングの勉強をするぞ!」と思うから挫折してしまうのです。
リスニングに関しては、「とにかく毎日、短時間でも良いので続ける」「そのためには空いた時間を有効に使う」。
これらがもっとも大切です。

 

ながら勉強

要は、リスニングの勉強時間を特別なものにするのではなく、何かをやりながらの「ながら」でよいので、続けることです。
もちろん、机の前に座ってじっくりできるようであれば、それに越したことはありません。

 

ですが、最初からハードルを上げすぎると失敗します。
まずは、「気楽に、でも確実に」英語を聞く時間を確保するようにしてくださいね!